鳥越薬局

鳥越薬局は台東区のおかず横丁にある漢方相談薬局です。養生を考えて健康づくりのお手伝いをします。


高血圧

高血圧は血圧の高い状態が続く病気です。

血圧とは、血管の中を血液が流れる際に、血管の壁にかかる圧力のことです。健康な人の血圧は、収縮期血圧(心臓が縮んで血液を送り出したときの血圧。最大血圧)が140mmHg未満、拡張期血圧(心臓が拡張したときの血圧。最小血圧)が90mmHg未満です。このいずれかが上回っている状態が、高血圧です。

血圧が高くても通常、特徴のある症状は現れません。症状が現れないのにもかかわらず、からだの中では知らず知らずのうちに、高血圧の悪影響がじわりじわりと広がっていきます。血圧が高いということは、血管の壁に強い圧力がかかっているということですから、それを治療せずにいると、血管が傷めつけられてその老化現象が早く進んでしまうのです。言うまでもなく、血管は全身に張り巡らされていて、血管のない部分というのはほとんどありません。ですから高血圧の影響は全身に及びます。

血管がたくさんある所ほどその影響を受けやすく、具体的には、脳や腎臓、目の網膜などです。それに、血液を送り出す際に負担がかかる心臓も、高血圧の合併症が現れやすい臓器です。それぞれ、脳梗塞、腎不全、眼底出血、心不全などを引き起こします。そうならないよう、高血圧と言われたら、血圧が高くならないように、いつも気をつけておく必要があります。

数字で見る高血圧

  • 患者数は、10,108,000人
  • 年間医療費は、1兆8,890億円
  • 年間死亡数は、6,932人
肝炎

肝炎は、何らかの原因で肝臓に炎症が起こり発熱、黄疸、全身倦怠感などの症状を来たす疾患の総称です。

主な原因は以下が存在します。

  • ウイルス性肝炎(A・B・C・D・E・G・TTなど)
  • アルコール性肝炎
  • 非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)
  • 薬剤性肝炎
  • 自己免疫性肝炎
  • 原発性胆汁性胆管炎

日本ではウイルス性による肝炎が80%を占めています。特にA、B、C型が多いようです。

胃の病

胃を始めとする食道や腸などの消化管は、さまざまな不快な症状を起こすことがあります。 胃の痛み、胸の痛み、胸やけ、呑酸、げっぷ、のどのつかえ、のどの違和感、胃のもたれ、膨満感、食欲不振、おう吐、腹痛、便秘、下痢、下血など実にさまざまな症状があります。

このような症状は消化器の異常が原因で起こることもあれば、それ以外の臓器の異常が原因となって起こることもあります。とくに上腹部には、胃、十二指腸、胆のう、すい臓、肝臓など、さまざまな臓器が集まっていて、痛みの出る場所と病気を起こしている臓器には深い関係があります。

症状だけから、原因となる病気を正確に突き止めることはできません。病気の見当をつけるためには、痛みのある場所やその程度、症状の出かたなどがとても大切な情報になります。

神経痛

原因不明の特発性のものから、原因のはっきりしたものまで含め、特定の末梢神経領域に起こる痛みを総称し「神経痛」と呼びます。

手足や関節などに起こりやすいのですが、全身いたるところに起こります。
強い針で刺したような、あるいは焼け付くような痛みが特徴で、末梢神経への圧迫や炎症などが直接的な原因と考えられています。

特に秋から冬にかけて増える傾向があります。

痛みはリウマチにも似ていますが、神経痛では関節の変形は起こりません。

更年期

女性の更年期に見られる器質的原因に寄らない多種多様の症状を更年期症状と呼びます。
その中で生活に支障を来たす程度のものを更年期障害と定義しています。更年期は、日本では閉経の前後5年の合計10年間を指します。

様々な不定愁訴を伴い、主な原因は加齢に伴う卵巣の内分泌機能低下によるエストロゲン濃度低下と、更年期に伴う家庭的および社会的環境の変化が相互関与して起こるものと考えられています。

症状はいわゆる不定愁訴に属するものが多く、その強弱は精神的要素が関与しています。

この時期は空の巣症候群や職場での問題・家族の介護などでストレスを抱えやすいことも一因と考えられています。

「血管運動神経症状」「精神神経症状」「その他の症状」の3つに分類されています。

冷え

冷えは“ちょっとした不調”と思われがちですが、実は万病のもと。
がん、脳血管障害、心疾患など多くの病気の根源に冷えがあるのではないかと注目されています。

「手足が冷たい」、「肩がこる」、「しもやけができやすい」、「おなかが冷えると下痢をしやすい」、「腰が冷えると腰痛や足にしびれを感じる」など、冷えの感じ方は人によってさまざまです。冷えを感じたら、体のどこかに問題があると考えた方がよいでしょう。

冷えには、いろいろな原因があります。冬の冷えというと、気温の低下や寒冷が影響して手足が冷たくなったり、体調を崩したりする人が多くいますが、意外な原因もあります。それは、精神的なストレスです。
近年、精神的なストレスと体温には、関係があると知られるようになってきました。

精神的なストレスによって冷えが起きているときは、自律神経を乱しているストレスを解消することが大切です。健康に気をつけていても、ストレスの多い生活をしていると体は温かくなりません。スポーツや趣味など、楽しくて夢中になれる活動を自分の生活の中に取り入れましょう。

糖尿病

糖尿病とは、血液中のブドウ糖(血糖)が多くなる病気です。この血液中のブドウ糖の割合を血糖値と呼びます。

健康なひとは、食事をすると一時的に血液中のブドウ糖が増えますが、すい臓から出ている「インスリン」というホルモンによってブドウ糖を体内に取り込み、体内に蓄え、エネルギー源として使うことができる状態にしてくれます。このインスリンの働きによって、血糖値は一定の範囲内におさまっています。

ところが糖尿病患者は、このインスリンが少なくなったり、効きが悪くなったりして、ブドウ糖をうまく血液中から体内に取り込めなくなってしまいます。そして血糖値が高い状態(高血糖)が長く続くと、さまざまな病気(糖尿病合併症)を引き起こします。

では、なぜ糖尿病になるのでしょうか?

糖尿病にはいくつかの種類があり、その種類によって糖尿病になる背景も違います。

一般的に知られているものとして、「1型糖尿病」と「2型糖尿病」があります。日本では、95%以上の糖尿病患者さんが2型糖尿病です。

2型糖尿病は、いくつかの遺伝因子と「食べすぎ」「運動不足」「ストレス」といった生活習慣が加わって、インスリンの働きを悪くしてしまい発症します。

運命占い

体調不良以外の悩みの相談は、簡単な運命占いも行っています。

あくまで占いですが、悩みの解消に少しでもお役にたてばと思っています。

お問い合せは

TOPへ